学童だより Column学童だより Column

%e3%80%90%e5%86%85%e7%a5%9e%e7%94%b0%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0+%e3%80%91%e4%bf%b3%e5%8f%a5%e5%86%99%e7%9c%9f2

幅広い学び

2021/10/18

俳句の日

ベネッセ 学童クラブ内神田

ベネッセ 学童クラブ内神田には、「俳句の日」というイベントがあります。五七五を守り、季語を入れて自由に俳句を詠みます。

子どもたちの言葉選びのセンスには、いつも驚かされてばかり。出来上がった句を読むと、その表現に脱帽です。

特に私がおもしろいと感じた句を三首ご紹介します。
「すいかわり だいすきだぞう やりたいぞ」
は、「だいすきだぞう」がかわいくて思わず取り上げました。
大人ではなかなか思いつきませんよね。

「やきさんま あきのたべもの もっとくれ。」
を詠んだお子さんのお母さまとお話したところ、さんまを出すといつも「もっとくれ」と言うんだそうです。
素直な気持ちがストレートに表れていて、こどもならではの句だと思いました。

「あまのがわ つりざおもって 行きましょう」
を詠んだ子は、普段からそれはそれは美しい彩りで絵を描くお子さんです。まさにその感性がよく表れた句だと思いました。

俳句を詠んでいるうちに、だんだん五七五を飛び出して、自由詩になる子もいますが、それでいいんです。思ったこと、感じたことを素直に文字で表現できるということが、何より素晴らしいと思っています。子どもたちには、もっともっと自由に俳句や表現を楽しんでほしいです。

%e3%80%90%e5%86%85%e7%a5%9e%e7%94%b0%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%80%91%e4%bf%b3%e5%8f%a5%e5%86%99%e7%9c%9f

%e3%80%90%e5%86%85%e7%a5%9e%e7%94%b0%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0+%e3%80%91%e4%bf%b3%e5%8f%a5%e5%86%99%e7%9c%9f2

By :衛藤 光津江