「とにかく楽しい。
面白い。」
「この子たちの、
力になりたい。」
だから私は、
保育の道に進みます。

山下 未紗貴

学生アルバイト

ベネッセ 学童クラブ音羽

大学卒業後に、一度就職。しかし、「保育士」への思いをおさえきれず、2017年度に保育の専門学校に入学。同時に、学生アルバイトとして勤務スタート。

「こどもと関わる
仕事がしたい」
こみ上げる思いを
実現するために、
専門学校で学びながら、
現場経験を積み重ねています。

学生アルバイト 山下 みさき

「ベネッセの学童クラブ」でアルバイトを始めた理由は?

一度、大学を卒業した後に、就職をし、営業職をしていました。しかし、小学生の頃からの「保育士になりたい」という思いをあきらめることができませんでした。会社を辞めて、一念発起。保育の専門学校に入学し直しました。また、実際のこどもたちの生活を知り、学ぶために、「ベネッセの学童クラブ」でも働くことを決意しました。

「学童クラブ」に興味をもったきっかけは何ですか?

大学時代に、「こどもに関わりたい」という思いで「こどもキャンプ(4泊5日)」に3年間参加し続けました。そこで、「料理」「研究」「発表」など、プログラム内容を小学生のこどもたちといっしょに考える経験を通して、こどもたちの変化や成長の姿を見守る生活は、私の人生をきっと面白くすると感じたことがきっかけです。

実際に「ベネッセの学童クラブ」で働き始めてどうですか?

小学生はいっしょに遊びながら、コミュニケーションもとれるので、毎日楽しい。やっぱり面白いです。ただ、会話のやりとりは、いつもスムーズにできるわけではありません。「そう思うんだ」「そう解釈するんだ」ということも幾度となくあり、日々学んでいます。

具体的な、こどもたちとの会話のやりとりのエピソードを教えてください。

「ボール遊び」をしていたと思ったら、男の子同士がケンカを始めました。そのときに、片方の男の子が手を出してしまい、手を出された子は泣いて、その場から逃げていきました。その様子をみた私は、手を出してしまった子に「お話ししに行ったほうがいいんじゃない?」と声をかけました。するとその子は、「そうだよね。泣いてる子のほうがかわいそうなんだもんね」と答えました。『あなたは泣いている側の味方なのでしょ』という風に捉えられたのです。一人ひとりの気持ちを感じ取ったうえで、思いをきちんと伝えることの大切さと、難しさを知りました。

現場経験を通して、「大変だ」と思うようなギャップはありましたか?

本当に大変な世界だと感じています。実際の現場を通して、私はこどもが好きだけれど、トクイではないんだな…、ということにも気づかされています。それでも、「楽しい」と思える気持ちのほうが、ずっと大きいです。こどもたちといっしょに、私も負けずに成長していきたいです。

この先、どのような「保育士」になっていたいですか?

「いっしょにいたい」「楽しい」という私側の気持ちだけではなく、こどもに誠実な気持ちで寄り添える保育士でありたいです。どんなときだって、こどもたちの味方でいられる保育士、こどもたちを少しでもいい方向に導くサポートができる保育士になっていたいです。