学童だより Column学童だより Column

その他 日々の様子

2021/07/12

異年齢ですごすということ

ベネッセ 学童クラブ内神田

「ベネッセの学童クラブ」では、送迎対象の小学校へはスタッフがお迎えに行き、一緒に徒歩で学童クラブまで帰ってきます。
こどもたちは自分たちの街を歩くことで、交通ルールや危険箇所を覚えたり、地域の人とのあいさつの大切さを学びます。
これは雨の日の下校時も同様です。

1年生と2年生の下校時刻が同じ日には、2年生が自主的に「後ろ、守るね!」と最後尾を歩いてくれます。雨の日には、クラブに到着した際、うまく傘をたためない1年生がいた時など「できる?」「大丈夫?」と2年生が優しく声をかけ、「できない…」と困っている1年生の傘をたたんでくれたりもします。

1年生に優しく接する上級生たちの様子を見ていると、こうして異年齢でのかかわりの中で、優しさや人に配慮する気持ちがめばえ、クラブの生活の中で引き継がれていくのだな、とうれしく感じています。

By :衛藤 光津江