学童だより Column学童だより Column

その他

2020/12/11

コロナ対策と今年1年を振りかえって

ベネッセ 学童クラブ桜新町

寒くなってきましたね!
今年も残すところ、あと1か月足らずとなりました。

振り返ってみると、コロナの感染により今までにない経験を子どもたちも職員も経験した1年でした。
コロナの感染が広まり緊急事態宣言が出た3・4・5月は世田谷区は小学校が休校になったほか、新BOP(公設学童)も閉まることになりました。
そんな中ベネッセ学童クラブは感染防止に取り組みながら、朝から開所をし続けていました。
どうしてもお休みができない保護者の方々からも「安心して子どもを預けることができる場所があって本当に良かった!」というお声をたくさんいただき、私たちにとっても大きな励みとなりました!

毎日3回の消毒対応・熱の記録表の記入・密防止などの取り組みのほかに子どもたちに感染防止の意識を高めてもらうための様々な活動も行いました。
(以前のブログにもクラブで実施しているコロナ対策を載せております。ぜひご覧ください。ブログタイトルはこちら→『自分たちで守ろう!学童のコロナ対策「手洗いチェッカー」』・『自分たちで守ろう!学童のコロナ対策「ウィルス退治!」』)

1年生は5月まで小学校に通えない日々でしたが、クラブでお友達やお兄さん、お姉さんと仲良くなったり、イベントに参加したり、小学校より一足先に様々な経験をすることができました。
夏にはベネッセ学童クラブ生田・たまプラーザ・青葉台・市ヶ尾・西馬込・湘南台・内神田のお友達と毎日つながり、子どもたちが主体となり交流をしました。桜新町では司会や進行係・カメラマン係までこどもたちが行い、手品・LaQ作品・紐ゴマなどそれぞれの得意なことを披露しました。
改めて、子ども同士の交流のすばらしさと、このような経験をしていく大切さを感じました。

今、桜新町の子どもたちは、いつも親しく交流しているホームのおじいさん・おばあさんとのオンラインクリスマス会で日ごろの感謝を伝えるために、「星影のエール」「南中ソーラン節」の練習に元気いっぱい取り組んでいます。
コロナに負けず来年も過ごしていきたいです!

By :下地 美子