学童だより Column学童だより Column

%ef%bc%98 %e7%90%86%e7%a7%91%e5%ae%9f%e9%a8%93%e3%81%a8%e4%b8%83%e5%a4%95 re

幅広い学び

2017/06/01

理科実験 と 七夕

ベネッセ 学童クラブ西馬込

月に一度『ドキドキ理科実験』といって、実験の楽しさや科学の不思議を知ってもらうイベントがあります。毎月内容は変わりますが、6月は『紙すき』を行っていました。
トイレットペーパーとのり、少しの染め粉と水をペットボトルに入れ、思い切りシェイクすると紙の繊維がほどけて混ざり、原料になっていきます。子どもたちにとっては、ここが最高潮の盛り上がりで、普段温厚な子が髪を振り乱してペットボトルを振る姿もあり、楽しんでくれているようです。次に、混ざった原料を巻き簾に敷き詰めていきますが、ここでもダイナミックにぶちまける子、慎重に少しずつそそぐ子…と個性がみえます。乾燥させる工程でも、「もう乾いたかな!?」と自分の紙を毎日チェックしながら、出来上がりを心待ちにしています。
乾燥が終われば手作りの紙が完成となります。子どもたちはコピー用紙のような、普段から目にしているきれいな紙ができるのを想像する子が多いですが、実際に紙すきでできた紙は、ボコボコしていたり穴が空いてしまったり色がまだらだったり…。簡単そうに見える『紙を作る』という事の難しさを知る事で、普段から「ものを大切に使う」という意識も持ってもらえればと思っています。
作った紙は、翌月の7月初めの七夕飾りの短冊として使用します。自分で作った紙に、自分の願いを込めて書き込む…。思い思いの願い事は、真剣なものや思わず吹き出してしまうようなものもあり、見た目は不揃いで不格好なものもありますが、世界にひとつ、一生に一度の短冊となります。
これからも、子どもたちにとって幅広い学びにつながる活動をしていきたいと思います。

By :濱永 宏嗣