学童だより Column学童だより Column

%e3%80%90%e5%86%85%e7%a5%9e%e7%94%b0%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%80%91%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e9%85%8d%e4%bf%a1%e5%86%99%e7%9c%9f

幅広い学び

2021/08/09

【新連載】こどもが主役のオンライン①配信クルー決定

ベネッセ 学童クラブ内神田

ベネッセの学童クラブでは、「ベネッセフレンズ」という学童クラブ同士の交流を目的としたオンライン配信を実施しています。月に一度、クラブが持ち回りで、各クラブの紹介をしたり、クイズを出したりと、30分ほどの配信をこども主体で行います。

内神田の担当は来年の3月の予定です。ところが、好奇心旺盛な内神田の子どもたちは、「3月まで待てない!」「もっと早くやってみたい」と言っています。そこで「ベネッセフレンドプチ」と名付けた独自の配信を企画しようということになりました。メンバー募集はエントリー制にし、興味のある子は誰でも参加できるようにしました。総勢10人の子どもたちが集まり、1回目の企画会議が開かれ、担当を決めました。監督、アシスタントディレクター、アナウンサー、カメラマン、ヘアメイク、音楽、美術など、それぞれ担当が決まりました。

1回目の企画会議は大人が入り、会議のすすめかたについて話しました。「会議では1回は必ず発言すること。発言して、参加した価値をだそう」、「お友だちの意見がちがうなと思ったら自分の意見と代案をだそう」。子どもたちには難しいかな、と思いましたが、真剣にうなずきながら聞いて、実践している姿が見られました。会議では書記も決め、記録用紙とファイルを渡すと、丁寧に記録をとっていました。会議の最後に次回の会議日程を子どもたちだけで決めると、美術さんに依頼して次回会議の告知文を掲示していました。

次回は、子どもたちだけの企画会議についてご報告します。(つづく)

By :衛藤 光津江